男性

家選びに迷っているなら工務店を訪れてみよう

このエントリーをはてなブックマークに追加

長く住む家を建てるなら

ヘルメットを持つ人

簡単に維持が行える設計

よく木造住宅の寿命は30年程度と言われますが、しっかりメンテナンスを行っていれば70年〜80年位は暮らせると専門家は言います。これは構造部分に使われる木の耐久性から計算されたものになります。京都で木造でも長く住める家を建てたいのなら、設計事務所に依頼するのが良いでしょう。なぜなら設計事務所なら将来起こるメンテナンスやリフォームを考慮した設計が可能だからです。メンテナンスをする時に壁や床を壊す必要がないように点検口をつける、給排水や電気設備は必要になりそうな場所にも配線や配管をしておく、或いは取り替えの簡単な工法で設置しておくなどです。京都の家を長持ちさせるには構造部分が傷まないことが基本ですから、簡単にメンテナンスできる方法を設計事務所と話合うと良いでしょう。

将来のリフォームに備える

一般的に屋根や外壁やベランダなど外部の場所は、雨や太陽に晒されて過酷な環境に置かれていますから、定期的なメンテナンスは必須です。将来のリフォームは家族に変化がある場合や設備が使いにくくなって変更したいという理由で多く行われますから、それを踏まえて設計事務所にプランを立てて貰うようにしましょう。工法によっては間取りの変更が出来ないという事もありますから、注意が必要です。京都の古い家ではリフォームをしたいけれど、構造上の問題で建替えや構造体のみを残してのフルリフォームになるケースもざらで、費用もかなりかかる事が多いようです。せっかく京都に高価な家を建ててもメンテナンスやリフォームに無関心だと傷みが進むので、そうならないように普段から手を入れやすい家を建てておくと良いでしょう。